辛涼解表類 しんりょうげひょうるい

辛涼解表類(しんりょうげひょうるい)は、中医学において病気を引き起こす原因となる「邪気」が体表に停滞しているときに、「涼性・辛味」の特性を用いて、主に発汗の作用により体の熱を逃がしながら体表の邪気を取り除く食薬を指します。

症状・原因

晩春から夏、秋にかけての季節は、「風・寒・湿・暑・火・燥」などの邪気のうち、主に「風邪・暑邪・燥邪」の作用により、「発熱・目赤・痒み・のどの痛み・咳」などの症状が引き起こされます。これは体表に邪気が停滞しているような状態で、具体的には皮膚や筋肉といった体の表層に近い部分に自然界から侵入した邪気がとどまり、「かぜ」の初期症状を引き起こします。このとき、邪気はまだ体の奥まで侵入していないことが多いことから、発汗作用によって体表から邪気を発散させて取り除くことが大切です。

効果

辛涼解表類の食材を摂取すると、多くは体表を巡り、体表にとどまった邪気を発汗作用により散らして対外に排出しようとします。これにより本格的なかぜの発症を未然に防ぐことができるのです。晩春・夏・秋のかぜの発熱から、鼻づまり、目赤(充血・目の痒み)、喉の痛みや渇きなどの症状によく用いられ、風疹・蕁麻疹・皮膚の痒みの治療にも効果があるとされ、よく使用されます。

関連する食薬に辛温解表類がありますが、晩秋から冬・春にかけての風邪の症状に用いられ、辛涼解表類とは区別されます。

辛涼解表類の食材一覧

    記事はありません。

薬膳における食薬の分類一覧

解表類

清熱類

瀉下類

祛湿類

温裏類

理気類

理血類

消食類

化痰止咳平喘類

  • 化痰類
  • 止咳平喘類

安神平肝類

  • 安神類
  • 平肝熄風類
  • 開竅類

補益類

収渋類

  • 収渋類

外用類

  • 外用類
最終更新