里山野菜

キャベツ Cabbage

概要

キャベツは葉を主に食す、アブラナ科アブラナ属の葉もの野菜。別名、「甘藍(かんらん) 」「巻心菜 」「包心菜 」「洋白菜」とも呼ばれます。

キャベツの持ち味

薬膳・中医学

!主に冬から早春にかけての寒さが原因となって起こる風邪のひきはじめ、発熱・悪寒などの症状を和らげる働きがあります。食薬として補気類に分類されます。

※特に、肝経・胃経・腎経の経絡に強く作用します。

補中益気

食欲不振を解消し、疲れやすく虚弱な体の状態を解消する。詳細

清熱利湿

体内にこもった余分な熱を冷まし、水分の代謝をよくする。詳細

散結止痛

詳細

補腎益気

詳細

下処理

  1. !葉先の褐変した傷んだ部分をカットし取り除く。
  2. ひげ根を切り落とす。
  3. 用途に合わせてカットする。

おいしい保存法

!水分含有量が少ないので、冷凍やドライで保存しても、風味や食感が失われにくいことが特徴です。

常温保存

!泥つきのものは、ポリ袋から取り出し、新聞紙で包んで冷暗所で1ヶ月ほど保存できます。その際、「立てて保存」が基本です。

冷蔵保存

!冷蔵庫に入る長さに切り分け、ラップで包んで密閉し、立てて保存。1週間ほどで使い切ってください。

冷凍保存

!みじん切りや小口切り、斜め切りなど、使いやすい形に切り、小分けにしてラップに包むことで、1ヶ月ほど保存できます。

ドライ保存

!みじん切りや小口切り、斜め切りなど、使いやすい形に切り、重ならない様にざるに載せ、2〜3日天日で乾燥させます。1ヶ月ほど保存できます。

最終更新
甘み
うまみ
塩味
辛味
苦味
酸味
香り
0
水分
0
特徴的な食感
5
濃厚なボディ感
5
ポジション
食用部位
エネルギー
23kcal/100g
栄養成分
カロテン、ビタミンC、ビタミンU、カルシウムなど