里山野菜

淡白痩舌・薄灰苔 たんぱくそうぜつ・はくかいたい

淡白痩舌・薄灰苔(たんぱくそうぜつ・はくかいたい)は血液(栄養)や水分が体の隅々まで行き届かず免疫力が低下しているところにカゼなどが長引き、体内の熱の勢いが強くなっているときに現れる舌象のこと。

解説

舌の色が薄く舌全体が痩せていることは、血液と気力・体液が不足し(気力が不足すると体液が体内で生産されにくくなる)、舌を血と体液で満たせていないために起こります。はじめ、舌苔の色が薄白色だったものが薄黄色に変化した場合は、体表から体の内側(内部)へとウイルスなどの病原菌の侵入を許したことを意味します。そこからさらに熱の勢いが増すと、体内で病原菌との抗争が激しくなり、舌苔の色が焦げた黄色や灰色になります。

弁証

舌表面の過剰な濡れ「水湿内停」

「舌表面の濡れ」が顕著な場合、体の代謝機能で処理しきれない水分が、体内にあふれていることを疑います。これは水湿内停の兆候です。主な症状として、「むくみ」「体が重い」「水っぽい鼻水」「下痢・軟便」などが挙げられます。

舌の乾燥・亀裂や紅点「熱盛傷津」

舌象に「亀裂(裂紋)」や「紅点(赤み)」が見られたり、舌が乾燥していたりする場合、水分が足りなくなり熱をもつ(ほてっている)ことを示しています。これらは熱盛傷津のサインとなります。

なお、中央にうっすらと縦の切れ目が見えるのは正常で、裂紋ではありません。舌が乾燥することによって舌が慢性的に水分を失い、深い亀裂が生まれたものを裂紋とみなします。

また、「紅点(赤み)」が見られる場合、その紅点が現れる位置で熱を持った箇所を特定することができます。「舌尖(舌の先)」にある場合は「心」が熱を持っていることを示し、「舌辺(舌のフチ)」なら「肝」、「舌の中央部」なら「脾」に熱がこもっているとみます。

熱盛傷津がある場合の主な症状として、「手足のほてり」「喉が渇く」などが挙げられます。

紫色の斑点やシミ「血虚血瘀」

舌象に「紫色の斑点やシミ」が見られる場合、血液の巡りが悪くなって体の一部に滞っている可能性があります。また、血虚血瘀の別の診断方法として、舌の裏側の血管が青紫色に膨らんで蛇行している場合などもこれに当てはまります。

血虚血瘀の主な症状として、「肩こり」「頭痛」「関節の痛み」などが挙げられます。

中医学的な説明

痩薄舌かつ淡白舌は気血両虚を示す。これは気が不足すると血と津液も生成されず、舌を気血津液で満たせないためである。灰苔や焦黄苔は裏熱証(熱結)を示す。淡白舌の場合、湿潤なら痰飲内停、乾燥なら熱盛傷津である。

診断ツール

舌診[トライアル版]では、「簡単で」かつ「正確な」健康診断を行うことができます。

関連する舌象

舌象カテゴリーの一覧