里山野菜

辛温解表類 しんおんげひょうるい

辛温解表類(しんおんげひょうるい)は、中医学において病気を引き起こす原因となる「邪気」が体表に停滞しているときに、「温性・辛味」の特性を用いて、主に発汗の作用により体を温めながら体表の邪気を取り除く食薬の総称です。

適応症状

晩秋から冬、早春にかけての季節は、「風・寒・湿・暑・火・燥」などの邪気のうち、主に「風邪・寒邪」の作用によって、「発熱・寒気・鼻水・鼻づまり・頭痛・肩こり・のどの痛み・体の痛み」などの症状が現れやすくなりますが、これは体の表面に邪気が停滞しているような状態です。体の表面に邪気が停滞している状態とは、具体的には皮膚や筋肉といった表層に近い部分に、自然界から侵入した邪気がとどまり、「かぜ」の初期症状を引き起こしている病症を指します。このとき、病気は発生して間もないことから、邪気は体の奥までは侵入していないことが多いのが特徴です。

処方・効果

このような症状があるときに辛温解表類の食材を摂取すると、多くは体表を巡って、発汗作用を起こします。これによって邪気を皮膚から発散させて取り除くことができ、本格的なかぜの発症を予防することができるのです。体を温める作用があるので、冷え症の改善にもよいとされます。また「止咳・平喘・除湿・止痛・利尿」作用があるので、咳や喘息、喉がすっきりしない症状、リウマチやむくみ、尿の出が悪い症状に処方しても効果的です。

関連する食薬に辛涼解表類がありますが、晩春から夏・秋にかけての風邪の症状に用いられ、辛温解表類とは区別されます。

辛温解表類の食材一覧

食材の分類一覧

最終更新