清熱瀉火類 せいねつしゃかるい

清熱瀉火類(せいねつしゃかるい)は、中医学において体の内部から生じた異常な熱を取り除く作用のある食薬を指します。

症状・原因

かぜの初期症状では、体の表層部に邪気がとどまり体の奥に侵入する前に辛温解表類辛涼解表類などの処方によって症状を緩和させることができますが、時に症状が長引き、体の深部から発熱するようなケースがみられます。発熱とともによく現れる症状としては、目の充血、顔面(頬や舌)紅潮、吹き出物やニキビなどの皮膚炎、咳・喘息・胸の痛み、黄色い痰が出る、口内炎、食欲旺盛・喉の渇き、排尿痛・尿の色が濃い、下痢・便秘などがあります。この段階になると、辛温解表類や辛涼解表類を用いて発汗により熱を取り除くことは困難です。

効果

清熱瀉火類には「寒・涼」の性質があり、体内の熱が旺盛な状態によってあらわれる各種症状を改善する効果があります。肺に熱がこもっている状態である肺熱(咳・喘息、黄色い痰、胸の痛み)や、心に熱がこもっている状態[心熱、=心火ともいう](口内炎、顔面紅潮、皮膚炎、尿の色が濃い)、胃に熱がこもっている状態である「胃熱」(食欲旺盛、口臭、喉の渇き)などに、幅広く使用することができます。

注意事項

清熱瀉火類の食材は、「寒性・涼性」の性質により陽気を傷つけやすいとされているため、食欲減退や慢性的な下痢、冷え性などの症状が見られるときは、効果が強く出過ぎないよう注意が必要です。また、妊婦などが摂取する場合にも、慎重な判断が求められます。

清熱瀉火類の食材一覧

薬膳における食薬の分類一覧

解表類

清熱類

瀉下類

祛湿類

温裏類

理気類

理血類

消食類

化痰止咳平喘類

  • 化痰類
  • 止咳平喘類

安神平肝類

  • 安神類
  • 平肝熄風類
  • 開竅類

補益類

収渋類

  • 収渋類

外用類

  • 外用類
最終更新