里山野菜

祛風湿類 きょうふうしつるい

祛風湿類(きょうふうしつるい)は、中医学において、体内に溜まった余分な水分を取り除く食薬のうち、主に関節などの骨や、筋肉、経絡などに滞った水液の代謝を促す食薬の総称です。

症状・原因

体内の水液代謝が異常になると、一定の部位に水湿が滞る状態になります。初期の段階では、体のある箇所に「湿」が滞ることにより、なんとなく体が重くなりだるさを感じたり、頭が重たく痛んだり、食欲不振、吐き気などの症状が起こったりします。この「湿」がさらに多く溜まると「水」となり、むくみ、胸水、腹水、下痢などの目に見える症状として現れてきます。

水が溜まる部位によって症状は異なりますが、関節や筋肉に溜まった場合は、関節の痛みや腫れ・歩行困難などの症状が現れてきます。これと同時に、心悸(心臓の鼓動が激しくなる)や喘息、尿の出が悪いといった症状が現れることもあります。

効果

このような症状があるときに祛風湿類の食材を摂取すると、筋肉や関節に溜まった余分な「湿」「水」を散らして取り除くことができます。これにより、筋肉や関節の痛みを和らげる効果があります。また、経絡の滞りをなくし、気や血の流れをスムーズにする効果も期待できます。尚、冷えを伴う水液滞留の場合は、「温性」の食薬を、熱を伴う水液滞留の場合は、「涼/平性」の食薬を用いると良いとされます。

関連する食薬に芳香化湿類(水が脾胃に溜まった場合に用いる)や利水滲湿類(下痢やむくみがある場合に用いる)があります。

祛風湿類の食材一覧

薬膳における食薬の分類一覧

解表類

清熱類

瀉下類

祛湿類

温裏類

理気類

理血類

消食類

化痰止咳平喘類

  • 化痰類
  • 止咳平喘類

安神平肝類

  • 安神類
  • 平肝熄風類
  • 開竅類

補益類

収渋類

  • 収渋類

外用類

  • 外用類
最終更新