里山野菜

ズッキーニ Zucchini

クセがなく低カロリーな西洋野菜。 食感を楽しむには、加熱しすぎないことがポイント。

ズッキーニ

概要

ズッキーニは実(未熟果)を主に食す、ウリ科カボチャ属の実もの野菜。別名、「ツルナシカボチャ 」「ペポカボチャ」とも呼ばれます。かぼちゃの仲間ですが、かぼちゃのように完熟してから食べるのではなく、開花後5〜7日の未熟果を食す、夏が旬の西洋野菜です。

ズッキーニ自体は淡白な味であり主張することもないので、ポトフやラタトゥイユなどの煮込み料理や天ぷらなど、主に食感を楽しみたい料理に用いると良いでしょう。

真夏が旬の野菜なので、体を冷やす効果があります。

ズッキーニの持ち味

  • 適度に加熱することにより、みずみずしく歯ごたえのある食感を楽しめる。
  • ポトフやラタトゥイユなど煮込み料理に用いる場合は、煮込みすぎないようにして食感を残すと良い。
  • 味は淡白でクセがないので、色々な料理に用いることができる。
  • 収穫が遅れ、大きくなりすぎてしまったズッキーニは食感や舌触りが低下してしまう。その場合には、すり流しにして食する方法もある。

薬膳・中医学

体に熱がこもり、喉が渇いたり、乾燥したり、尿が出にくいなどの症状のほか、体内に余分な水分が滞り引き起こされるむくみなどの症状にも効果があります。食薬として清熱瀉火類に分類されます。

※特に、胃経・肺経・腎経の経絡に強く作用します。

清熱生津

体内にこもった熱を冷まして取り除き、不足した水分を作って補う。詳細

潤肺止渇

肺に潤いを与え、喉の渇きを癒す。詳細

消腫散結

腫れものやむくみを消し、固くなったできものをやわらかくして取り除く。詳細

利尿通淋

排尿時の痛みを和らげ、尿を出やすくして体内に滞った余分な水分を排出する。詳細

おいしい保存法

常温保存

冷蔵保存

ドライ保存

最終更新
甘み
うまみ
塩味
辛味
苦味
酸味
香り
1
水分
9
特徴的な食感
5
濃厚なボディ感
1
ポジション
食用部位
実(未熟果)
エネルギー
14kcal/100g
栄養成分
カロテン、ビタミンC、亜鉛など