里山野菜

いちご Strawberry

甘さと酸味が子供や女性に大人気の果物。 体を内側から潤し、美容効果も期待できます。

いちご

概要

いちごは実(正確には花托)を主に食す、バラ科オランダイチゴ属の果物。別名、「苺 」「草苺 」「オランダイチゴ」とも呼ばれます。日本に渡ったのは江戸時代で、オランダ船によって運びこまれました。

初夏が旬の果物で、食薬としては体内にこもった熱を穏やかに冷ましながら、体に潤いを与える効果があります。

果肉は柔らかく甘味と酸味をバランスよく含むので、生の状態で食すのがもっとも美味しくいただけます。

1日10粒で、必要なビタミンCが補給できるとされており、美容やアンチエイジングなどの効果も期待できる万能果物です。

いちごの持ち味

  • 素材の味覚と香りを楽しむなら「生食」が一番。
  • 甘めのデザートには、酸味がきいていて硬めの食感のいちごを用いると良い。
  • 鮮やかな赤色を活かして、フルーツソースに加工すれば料理にも使える。

薬膳・中医学

体内に陰液(血液や水分など)が不足し、熱がこもった状態から発症する、空咳、微熱、盗汗(寝ている間にかく汗)、喉の渇き、尿の色が濃い症状などが見られるときに効果があります。食薬として滋陰類に分類されます。

※特に、肝経・胃経・肺経の経絡に強く作用します。

潤肺生津

肺に潤いを与え、体に不足した水分を増やす。詳細

滋陰補血

体に不足した水分を増やし、血をつくって補う。詳細

清熱解毒

体にこもった熱を冷まして取り除くと同時に、毒素を体外に排出する。詳細

利尿

体に滞った余分な水分を、尿として排泄する。詳細

健脾和胃

脾を強くし、胃の調子を整える。詳細

おいしい保存法

常温保存

冷蔵保存

冷凍保存

アルコール漬け

砂糖漬け

最終更新
甘み
うまみ
塩味
辛味
苦味
酸味
香り
9
水分
9
特徴的な食感
8
濃厚なボディ感
5
ポジション
食用部位
実(正確には花托)
エネルギー
34kcal/100g
栄養成分
ビタミンB9(葉酸)、ビタミンC、食物繊維、カリウム、カルシウムなど