小暑 鷹乃学を習う

梅雨が明け、七夕の節句が夏の訪れを告げる「小暑」の節気。鷹のヒナが飛び方を習う土用入りの時節には、夏バテを防ぐため、昔から「う」のつく食べ物が食べられてきました。